冬生まれベビーの出産準備に必要な最低限5つとは?節約したいママ必見!

お金・節約

妊娠後期に入ってくるとそろそろ出産準備モードになってきますよね!

よく見かける準備品リストなんですが、沢山書いてあってなんだかお金もかかりそう・・・。

そもそも沢山かいてあるとめんどくさくなりますよね(ーー;)

しかも冬生まれのベビーともなると、なおさら買うアイテムが増えます・・・。

実際、私自身が3年前の12月に出産した経験者。

1人目ということもあり、何が必要なのかわからなかったので

れんこ
れんこ

とりあえず必要そうなものは全部買っちゃえ!

こんな感じで使わないものまでたくさん買って失敗しています。

そんな私の経験から、出産前に最低限必要な出産準備品は5つあればいいという結論にたどりついたのです!

今回はそんな出産準備品を
『出産前に最低限必要な出産準備品5つ』
『最低限必要な入院グッズ』
『退院後に必要なもの・必要に応じて買うもの』
『必要なかった・買わなかったもの』
『買ってよかったもの』
にわけて紹介したいと思います!

出産準備をなるべく節約したいと思っているママ必見ですよ!!

お買い物に便利な印刷できるチェックシートも作ったので、使ってみてくださいね!

冬生まれベビーの最低限必要な出産準備品5つとは?

出産前に必要になる出産準備品はこの5つです!

・ベビーウェア
・ベビー用洗濯洗剤
・ガーゼ
・ベビーバス
・バスタオル
どうしてこの5つかというと、事前に水通し(ベビー服の洗濯)などの準備が必要だったり、ベビー用品店でしか売っていないグッズだからです。

逆にいえば、これ意外のものは出産後に買っても間に合います!

れんこ
れんこ

なかなかベビー用品店に行く時間が取れないという人も、まずはこの5つさえあれば出産が早まっても大丈夫!

ベビー服は種類がたくさんあるのでわけています。

ベビー服種類 必要数量 コメント
短肌着(長肌着・コンビ肌着) 7 冬は重ね着させるので、長肌着やコンビ肌着は着せるのがめんどう。常に布団をかけてるので、短肌着でも大丈夫。
2wayオール
(ボタンでドレスタイプとロンパースに切替られるベビーウェアのこと。)


5 ・足をバタバタするようになったら、ボタンでロンパースタイプにかえられる。
・見た目より、着せやすさを重視したほうがいい。
上から被せるタイプは着せにくいので絶対に全開できるものがよい。
スリーパー 2 防寒対策に便利。大きくなってからも使える。1歳過ぎてからは寝相が悪くなるで重宝◎

新生児は吐き戻しが多いので心配であれば買い足してくださいね。
注意:サイズは50~60cmですが、2~3カ月でサイズアウトしてしまうので買いすぎ注意です!

グッズ名 必要数量 コメント
赤ちゃん用洗剤 1 水通しの時に使用。赤ちゃんの肌は繊細なので、新生児の間だけでもベビー用洗剤がオススメ。
ガーゼ(15cm角ぐらいのでOK) 10 授乳時や入浴で必須!
吐き戻しも多いので1日に何枚も使う日も。
大きいガーゼは使わなかった。
ベビーバス 1 退院後1ヶ月は大人と同じお風呂ではなく、ベビーバスを使用するので必要。
ただ本当に必要なのは1ヶ月。
衣装ケースで代用しているママも。
バスタオル 5 入浴時はもちろん、おくるみやオムツ替えシートの代用など色々使えるので多めにあると安心!

たくさんある出産準備品もとりあえずこの5つさえあればと思うと気が楽になりませんか?

そしてこの5つと合わせて用意しておきたいのが入院グッズです!

出産はいつ始まるか分からないので臨月に入るまでには用意しましょう。

最低限必要な入院グッズはコレ!

入院中に最低限は必要なグッズはこちらです!

・産褥ショーツ
・授乳用ブラ
・パジャマ
・赤ちゃん用ガーゼ
・退院時の赤ちゃんの服
・お産パッド
・タオル
・筆記用具
・チャイルドシート
・母子手帳
出産する病院によって『入院中の持ち物』の指示があります。
また、病院側で用意してくれるものもあるので必ずそちらも確認しましょう!

グッズ名 必要数量 コメント
産褥ショーツ 2~3 入院中は毎日先生や助産師さんが検診するので必須。
ただ、退院すると全く使わないので買いすぎ注意!
授乳用ブラ  2~3 出産が終わると早ければ次の日から授乳が始まるので必要。
最初は授乳に慣れないので、胸が出しやすいタイプがオススメ!
私は妊娠中~産後も使えるタイプのものを使用。
パジャマ(前開き)  2~3 授乳がしやすい前開きのものがよい。
冬の授乳は寒くて辛いので、肌の露出授乳口付きがオススメ!
赤ちゃん用のガーゼ  5~6 赤ちゃんのミルクの吐き戻しやゲップさせる時などよく使うので多めにあると安心。
退院時の赤ちゃんの服 1セット 入院時は病院で貸してもらえるので退院時に必要。
今は特にドレスじゃなくても大丈夫!
お産パッド(ナイト用ナプキン)  2~3 病院で用意してくれることが多いので足りない分を買い足す。
お産パッドは生理用ナプキンに比べてとても大きいので、悪露が多い入院時しか使わない。買いすぎ注意!
タオル  自然分娩で出産した場合、早くて次の日にシャワーの許可が。
入院中、頻繁に手を洗うので手ふきが必要。
筆記用具   授乳の記録やメモを取るときに必要。
私は出産レポを書いたよ!
チャイルドシート 1 車でご自宅帰る方は必須!
ただ、タクシーで帰宅する場合はチャイルドシートの着用義務がないので必要なし。
母子手帳   分娩の記録など書いてもらうで絶対必要!

授乳クッションは病院で貸してくれるところがあります。
事前に病院に確認しましょう!

絶対必要ではないけど、あると助かる便利グッズ
・ペットボトル用ストロー
・乳首の保護クリーム
・円座クッション
最後に買ってよかったものはまとめて紹介しますね!
 

次は退院後からすぐ必要になるものをまとめました。

哺乳びんやミルクは、出産後に買ったほうがいいです!

退院後に最低限必要な出産準備品はコレ!

退院後に必要なグッズ!

ここで紹介するものは大体ドラッグストアに行けば売ってるものです。
そのため、焦って先に買う必要はありません!

・紙オムツ
・おしりふき
・ベビーソープ
・綿棒
・おへその消毒液
・爪切りばさみ
~個人差があるので必要に応じて買ってほしいもの~
・哺乳びん
・ミルク
・搾乳機
・哺乳びん用洗剤
・哺乳びん消毒用品
・母乳パッド
・赤ちゃんの保湿剤
ベビー用品の品揃えが悪いお店もあるので、近所で品揃えがいいお店を見つけておくと今後も安心ですよ!

個人差があるので必要に応じて買ってほしいものは、ほとんどがミルク用グッズ。
これは産まれからでないと母乳の出具合は分からないので、必要に応じて購入しましょう!

グッズ名 必要数量 コメント
紙オムツ(新生児用) 2~3 新生児用も~3000g、~5000gなど種類あり。
生まれてこないと大きさは分からないので出産後に買った方が確実!
新生児はオムツ替えも頻繁なのでたくさん消費するけど、
すぐサイズアウトする可能性があるのでまとめ買いはしない方が無難!
新生児用は1パックづつ買い足しほうが無駄にならない!
おしりふき 5~6 こちらもオムツ同様たくさん消費する。
ただ、赤ちゃんによっては肌に合わない場合があるので病院で使用していたものが合えばそれを使うのがよい。
ベビーソープ 1 赤ちゃんの肌は繊細なので専用のものを。
髪の毛から全部洗える全身用泡タイプがおすすめ!
綿棒 1 おへその消毒や耳掃除に使う赤ちゃん用の小さいサイズが必要。
凹凸あるタイプは鼻くそがとりやすい!
おへその消毒液 1 マキロンなど元々家にあればそれで大丈夫。
へその緒が取れて乾ききれば消毒も必要なくなる。
爪切りばさみ 1 赤ちゃんは爪伸びるのが早い。大人のものだと大きすぎて使いにくいのでベビー用のを購入したほうがよい。

▽必要に応じて買ってほしいものリスト▽

グッズ名 必要数量 コメント
哺乳びん 2 哺乳びんやミルクは完母(母乳だけで育てる)のママにはほとんど必要なし。
ミルク 1 ミルクの種類は病院で飲ませていたものが合えばそれがよい。
搾乳機 1 電動と手動がある。私は手動を購入。結構時間かかるのと手が痛くなる。
電動は高額なのでレンタルを検討するのもアリ。
哺乳びん用洗剤 1 新生児の時だけでも体に優しいベビー専用が安心。
哺乳びん消毒用品 1 浸け置きタイプとレンジで除菌するタイプがある。
哺乳びんの使用が頻繁なら、すぐ除菌できるレンジで除菌タイプがオススメ。
母乳パッド 1 母乳が染みるのを防いでくれる。
私はほぼ完母ですが、3ヶ月ぐらいし使用しただけ。
母乳の出方も個人差があるので、買い足していくのがよい。
赤ちゃん用保湿剤 1 サンプルが病院やベビー用品でもらえるのでそれで足りるかも。
私はベビーローションとオイルを購入したけど、ほとんど使わず。

ここまであれば退院後も大抵大丈夫です!

もし必要なものがあれば最近のドラッグストアは結構何でも売ってます。

もし足りなければ、買い足してくださいね!

例えば、ベビー専用の体温計や、湯温計とか。
ただ、体温計は大人と同じもので測れますし、湯温計はなくても手で温度が大体わかります。

次は私が必要なかった&買わなかった出産準備品を紹介したいと思います!

このブログを見てくれた方の無駄な買い物が減ればとても嬉しいです。

出産準備で必要なかった&買わなかったものはコレ!

出産準備
出産準備品リストによく載っているけどいらないものって結構あるんです。

節約したいママはぜひ参考にしてみてください!

■ベビーベッド
私の場合、日中は座布団かクーハンに寝かせて、夜は同じ布団で寝ていたので全く必要ありませんでした。
1人目の場合は特に必要ないと思います。(2人目以降だと、上の子が走り回って下に寝かせられないときに必要になってくる。)
使う時期も短いし、場所も取るのでどうしても必要な場合はレンタルをオススメします!

■布団一式
出産前にセットで買いましたが全く使いませんでした。
掛け布団なんてわざわざ買わなくてもブランケットやタオルで代用できます。
敷布団も座布団があれば新生児はおさまります!

れんこ
れんこ

あえて買うなら枕ぐらいかな?

■ソックス
お出掛けするようになってからで十分です!家では全く履かせませんでした。

■ミトン
これも全く使わなかった!爪で顔を引っかく場合は爪を切ってあげましょう!

■スタイ
これもお出掛けできるようになってから買えばいいです!
家ではガーゼがあればいらないです。本格的に必要なのはよだれが増える4~5ヶ月頃。

■オムツ処理機
私は防臭効果があるのもを買いましたが、新生児の頃のおしっこやうんちは全然臭わないので普通の袋に捨ててました。カートリッジが結構高い・・・。
離乳食が始まって、うんちが臭うようになってから購入すればいいです!

■清浄綿
私が出産した産院では赤ちゃんの免疫の為におっぱい拭かなくていいと言われました。赤ちゃんの口や手はお尻ふきで拭けるので特にいらないです。

次は逆に私が買ってよかった育児グッズを紹介したいと思います!

本当に買ってよかった育児グッズ&マタニティグッズ

産後退院
私が本当に買ってよかったと思うグッズを紹介したいと思います!
ぜひこちらも参考にしてみてください。

リンク付きのアイテムは直接購入することができます。
「入院中に病院で購入する」という方法もあるので、よければブックマークしてくださいね!

※買い物かごに入れておいて、『楽天お買い物マラソン』『超PayPay際』などのポイント還元率が高い時に購入するのも節約になるかと思います!

□乳首の保護クリーム
初めての授乳ってとても乳首が痛いです。
メデラのクリームはふきとり不要で授乳できて、無添加なので安心して使えます。
そしてなにより、痛みがやわらぐので授乳も怖くなくなります。

□乳頭吸引器
乳頭が短かく、授乳に苦戦した私。これは乳頭を引っ張ってくれます。 下の乳頭保護機とこれのお陰で、混合からで完母にすることができました。

□乳頭保護機
これは退院後に購入しました。私は乳頭が短く、なかなか息子がおっぱいを飲んでくれませんでした。 これをつけると、乳頭が長くなり飲んでくれるようになりました。 傷が痛いときも重宝します。除菌じょーずで除菌可能。

□円座クッション
これは本当あってよかった!会陰切開した人には絶対オススメ! 友だちに教わって買いましたが、座りやすさが全然違います。

□おしりふき温めウォーマー
冬生まれはやはり寒いので、おしりふきを温めてくれておしりがヒヤっとしないのでオススメです! おしりふきが乾燥してしまうかと思いましたが、乾燥する心配はありません。

□哺乳びん消毒(電子レンジ除菌)
漬け置きタイプは除菌に1時間ほどかかりますが、この除菌じょーずは5分で除菌してくれます! 哺乳びんだけでなく、おしゃぶりなどベビーグッズもこの電子レンジ除菌に対応しているものが多くて重宝しました!

~番外編~
□トゥルースリーパー
元々腰痛持ちの私は、日々の息子のお世話で腰がつらかった・・・。
息子をベッドの上で抱きあげるのも一苦労なほど。腰が瀕死状態のときに思い切って購入!
「寝る時にすごく気持ちいい。」というわけではないけど、寝起きの腰の状態は全然違う!
お陰で今は全然腰が大丈夫になりました。
腰痛持ちのママにぜひオススメします!セールしているときにこ購入するのがいいと思います。

私は授乳で苦戦したので、授乳お助けアイテムはとても重宝しました!
もし出産後、私と同じように授乳に困ったときは参考にしてくださいね。

また、ベビーのお世話で腰痛に悩まされたらトゥルースリーパーは本当にオススメです!
他にも高級なマットレスはあるけれど、私の場合はトゥルースリーパーで十分でした。

ちなみに、ベビーベッドや搾乳機などの使う時期が限られている高額な商品はレンタルがオススメです!
レンタル商品を賢く使って節約しましょう!

高額商品はレンタルをうまく使って節約しよう!

ベビーベッド・電動搾乳機・電動ハイローチェアなどの高額なものはレンタルがオススメ!


ベビー用品は平均使用期間が半年未満のものがほとんどなんですよね・・・。

意外と使う時期が短かったりするので購入するのはもったいないんです。

特にベビースケールはすぐに使わなくなります。

しかも電動ハイローチェアなどの高額商品は、ベビーが気に入らないと何万円が無駄になることも・・

そんな悩みを解決するのが、
ベビー用品のレンタル『ベビレンタ』なんです!

ベビレンタは元保育士の方が運営されている、子育て応援サイトです。

まとめ~印刷できるチェックシート~

今回は冬生まれベビーの出産準備に必要なグッズ

『出産前に最低限必要な出産準備品5つ』
『最低限必要な入院グッズ』
『退院後に必要なもの・必要に応じて買うもの』
『必要なかった・買わなかったもの』
『買ってよかったもの』

5個にわけてお話ししてきました!

印刷できる出産準備チェックシート
お買い物のときに活用してくださいね!

出産準備リストによく載っていても使わないものはたくさんあるので、おさがりやレンタルもうまく利用してなるべく無駄のないように買い揃えてくださいね!

\ベビレンタでベビー用品をみてみる/
ベビレンタなら、1週間の短期レンタルから利用可能!

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 おうちのこと - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました